自 然
日本は周囲を海に囲まれ、国土は大部分は山で、木々が占める中、海は埋立て山は切り裂き造成され木々は外材輸入により木々の整備がされずに乱れています。その中自然による災害が発生しているのも事実です。

住 宅
住宅も人の生活環境の変化と共に旧家の田の字型、荒壁の家からLDKタイプの洋室が多くなり、和室畳の部屋が少なくなり 座から椅子ソファーの生活になりました。住宅建築も防火上の事もあり、工場製品で屋根・外壁・内装と周囲をくるんだ事により結露・換気などの問題が発生してきております。結果、環境に優しくするとは結局人間の健康にいいということ、環境にいい家づくりとは家族の健康を守る為のものでしょう・・。家がどんな材料で作られるかは、とても大切な事ではないでしょうか。

クリックして下さい。
自然素材

木材はなるべく国産材を使うのがいいです。何故なら、日本で育った樹は、日本の気候に合っているので、長持ちするんです。家が壊されることになっても、木は再利用できますし、いずれは、土に帰るので、環境に負担はかかりません。自然素材と言っても、外材、国内産材、材質としても多くあります。やはり住宅を建てる地域、使用する箇所によっての材質なども検討する必要があります。ただ木だから良いというものでもありません。よく建築では、桧・松・杉(くり けやき ナラ タモ 栂桜)などが使用されております。構造材 羽柄材  造作材 内装材など適材適所に使用し、その中で木の目、性格を読み使用するのが大工職人の技であります。B新築や増改築に京都の木(ウッドマイレージCO2認証木材)を使用すれば、最大20万円のみどりの交付金が受けられます。詳しくは、京都府・緑の工務店・緑の設計事務所にご相談ください。

工場製品

工事製品には集成材、合板材 造作材 などがありボンドによる貼り付けなどにより強度性をもたしたり、仕上げ面のみ良いものを貼り見栄えよくしているものがあります。その使用しているボンドより発生するホルムアルデヒドなどが人体に悪くシックハウス症候群をもたらしました。この問題により建築にFORSUTAER(フォースター)と認定された建材などの使用並びに24時間換気システムなどが後から後から出てきています。建材家具などの材料の確認の上、購入してください。

クリックして下さい。
産業廃棄物

建築工に係わる資材の再資源化等に関する法律 リサイクル法があります。資材などにはコンクリート、アスファルト、木材などがあり解体処分するには届出、運搬 処分先を明確にしなければなりません。不法投棄防止にもなっております。対象は解体工事 80u以上 新築 増改築工事500u以上 修繕模様替え工事 請負代金1億円以上、工作物に関する工事 請負代金500万以上となっており許可業者でなければ施工はできません。上記の以下であっても、やはり同じようなことをしなければならないと思います。

クリックして下さい。
アスベスト

アスベストは天然の鉱物で、石綿(せきめん・いしわた)と呼ばれているものです。繊維状で加工しやすく耐火材や保温材として建築資材に使用されてきましたが、その繊維を吸い込む(ばく露する)ことにより、体の中に蓄積し石綿肺、肺がん、中皮腫、胸腫(肺を包む膜)の病気などを起こすことがあります。病気は、ばく露してから10年以上の長い期間を経て発病すると言われています。今現在では建築資材としては使用されていませんが、今までに使用されたアスベストを封じ込め、囲い込み、撤去処分するときには、それなりの対応をしていかねばなりません。

http://www.pref.kyoto.jp/ アスベスト(石綿)の健康相談に関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/  アスベスト情報

クリックして下さい。


Copyright (C) 2006 Fujino Corporation. All Rights Reserved